国立京都国際会館について > 公益財団法人国立京都国際会館 > メッセージ

メッセージ

ご挨拶

公益財団法人国立京都国際会館
館長 内 田うちだ 俊一しゅんいち

国立京都国際会館は、比叡山と宝ヶ池を借景に取り込み、「人は、自然の中に集い、話し合う」というコンセプトの下、我が国初の国際会議場として、半世紀以上前に誕生致しました。
「京都の文化と自然を肌で感じて頂ける」という環境が他に類を見ない当会館の魅力でしたが、2018年10月のニューホールの開業により、それぞれ特徴の異なる4つのホールを様々に組み合わせることによって生まれる、使い勝手の良さも兼ね備えることとなりました。
今後も、日本を代表する国際会議場として、高い水準のサービスを提供し、皆様に愛し続けていただける施設を目指して参る所存でございます。今後共、どうぞ宜しくお願い申し上げます。







組織ミッション

公益財団法人国立京都国際会館は、2023年12月に未来を見据えた「組織ミッション」を策定しました。
オンリーワンの会議場であり続けるために、このミッションの下に全館一丸となり邁進してまいります。


水と緑に囲まれた環境で、 私たちは、交わりが創造を生む空間を提供し続けます。
Harmony with nature / Interaction / Value creation


ミッションに込めた私たちの誇り

「 水と緑に囲まれた 」
宝ヶ池のほとり、比叡山から連なる緑の中にある、美しい自然環境に囲まれた会議場

「 交わりが創造を生む空間 」
価値の創造につながる人と人との交わりを促す工夫が凝らされた「空間」

「 提供し続けます 」
半世紀以上にわたり、日本のMICE業界をリードしてきたことは、私たちの誇りであり、
この誇りを胸に、これからも日本を代表する国際会議場として邁進したいという思い。

私たちが果たしていく使命

このような「誇り」に磨きをかけ、オンリーワンの会議場であり続けることが私たちの使命と考えています。