ICC Kyotoの取組 > 国際会議場としての取組

国際会議場としての取組

国際会議誘致の実績

海外プロモーション

欧州や北米で開催されるIMEXやIBTMなどのMICE見本市に積極的に出展しています。
継続して出展することで、国際団体の本部や海外コアPCO(Professional Congress Organizer)との信頼関係が構築され、ダイレクトに国際会議の誘致を行うケースが増えています。


AIME 2017 – メルボルンで海外のMICE見本市に初めて出展


IBTM World 2022 – コロナ禍後に、バルセロナで3年ぶりの出展

国際会議誘致の専任グループ

国際会議誘致のプロポーザル作成やプレゼンのサポート、会場選定のためのサイトビジットまで一貫したサポート体制を整えています。
専門機関による研修を受けた経験豊富なスタッフが誘致活動を全面的に支援いたします。
誘致・開催支援

国際会議に適した施設

豊富な会議室と交流スペース

70室に及ぶバリエーション豊かな会議室に加え、広くて開放的なロビー・ラウンジ、パーティーも開催できる日本庭園、お茶室など、会議の合間の交流時間を豊かにするスペースが広がっています。
IROS 2022

AV機器と通信回線のご提案

主要会場を結ぶ光ファイバー回線が敷設され、音声・映像を集中管理することができるため、会期中の急な変更にも対応可能です。
10会場に同時通訳ブースを完備し、ライブ配信も数多く手掛けており、経験豊富なオペレーターによるサポートも常に高い評価を受けています。
京都コングレス

高速インターネット回線

大型ハイブリッド会議をストレスなく開催いただけるよう2021年に京都国際会館にNURO光専有回線を敷設。
また、2022年には新たな高速光回線フレッツ光クロスを導入。
高速インターネット回線

セキュリティーやVIP接遇にも対応

周囲を山と池に囲まれ、国際会議のための施設として設計されているため、警備態勢が敷きやすく、これまでも数多くの 国連主催会議や政府間会議が開催され、高い信頼性を得ています。
また、ロイヤルファミリーはじめ要人を接遇するための貴賓室なども整っています。


本館正面玄関
Room 160
イベントホール

国際会議に必要なサービスの提供

多様な食文化・食習慣への対応

特別食の対応、食物アレルギー、宗教上のご要望にもお応えします。また、お客様のご要望に合わせ、特別メニューもご用意し
ご提供いたします。
ベジタリアンメニュー

ハラルフレンドリーのマトンカレー
ビーガン向け野菜の天ぷら

衛生管理の強化

ICC Kyotoは、2021年4月に感染症予防対策において国際的な衛生基準を満たす施設として、アジアの国際会議場・展示場として初めて、GBAC STAR™認証※を取得しました。
今年(2023年)4月には、3回目となるGBAC STAR™認証※を取得いたしました。

※GBAC STAR™認証とは、衛生業界の最も定評ある世界的団体ISSA(アイ・エス・エス・エー)のGlobal Biorisk Advisory Council(グローバルバイオリスク諮問委員会)が、2020年5月のコロナ禍のパンデミックの中で開発した感染症対策の国際認証制度です。
GBAC STAR™再認証 新型コロナウイルス感染予防について

ゆとりある空間

1,500㎡以上の4大ホール、窓のある多数の小部屋、広々としたパブリックスペースをご提供できるため、安心・安全な空間で
ご開催いただけます。