国立京都国際会館について > International Events

International Events

誘致・開催支援の詳細はこちら 誘致・開催支援 国際会議場としての取組

ピックアップ催事

2023年 事例5 Internet Governance Forum 2023

One of the most important conferences
in the field of internet policy


会議名称:Internet Governance Forum 2023
主催  :国際連合 / 総務省 国際戦略局参事官室
会期  :2023年10月8日(日)~12日(木)
参加国数:178ヶ国
参加者数:現地参加 約6,300名 オンライン参加 3,000名 

2023年 事例4 APNIC 56

An international conference discussing internet technology in the Asia Pacific region, returning to Japan for the first time in 8 years

会議名称:APNIC 56
主催  :Asia Pacific Network Information Centre
会期  :2023年9月7日(木)~14日(木)
参加国数:47ヶ国(現地)
参加者数:現地参加 518名  オンライン参加 111名
開催事例

2023年 事例3 CGF Global Summit 2023

CGF’s most important event, exclusively for member CEOs and C-level executives.

会議名称:Global Summit 2023
主催  :Consumer Goods Forum
会期  :2023年6月6日(火)~8日(金)
参加国数:33ヶ国
参加者数:現地参加 950名
開催事例

2023年 事例2 ICONE30 / ICOPE-2023

A premier global conference attended by many experts from business, government, academia, and technical organizations

会議名称:第30回原子力工学国際会議(ICONE30)
     第16回動力エネルギー国際会議(ICOPE-2023)  
主催  :ICONE30 : 一般社団法人 日本機械学会・
     米国機械学会・中国原子力学会
     ICOPE-2023 : 一般社団法人 日本機械学会
     (共催者 米国機械学会・中国動力工程学会)
会期  :2023年5月21日(日)~25日(木)
参加国数:26ヶ国
参加者数:現地参加 1,100名

2023年 事例1 TEDxKyoto 2023

Great success at the first on-site event in four years

会議名称:TEDxKyoto 2023 -Together-
主催  :TEDxKyoto
会期  :2023年3月12日(日)
参加国数:5ヶ国
参加者数:現地参加 620名

2022年 事例3 IROS 2022

First in-person meeting in 2 years a great success with many international participants

会議名称:知能ロボットとシステムに関する国際会議
     2022 IEEE/RSJ International Conference on
     Intelligent Robots and Systems
主催  :IROS 2022実行委員会
会期  :2022年10月23日(日)~27日(木)
参加国数:57ヶ国
参加者数:現地参加 3,430名 オンライン参加 891名


インタビュー記事

Dr. Shugen Ma, IROS 2022 General Chair / Professor, Ritsumeikan University Department of Robotics


今回のリアル開催は、大成功で終わりました。成功に終わったことだけでなく、・・・・・
続きを見る

日本政府観光局(JNTO)のサイトでも、IROS 2022開催の様子がアップされています。 日本政府観光局(JNTO)

2022年 事例2 ROSCon 2022

Reuniting in Japan for the first in-person meeting since 2019

会議名称:ROSCon 2022
主催  :Open Source Robotics Foundation
会期  :2022年10月19日(水)~21日(金)
参加国数:38ヶ国
参加者数:現地参加 801名


インタビュー記事

Brian Gerkey, ROSCon General Chair / Open Robotics CEO


ROSCon2022の開催は、期待をはるかに超えたと言える。
前回のリアル開催は・・・・・
続きを見る


インタビュー記事

Denise Barker, MeetGreen Project Manager (PCO)


ROSConが3年ぶりの現地開催だったこと、旅行先として
人気の高い日本・京都に・・・・・
続きを見る

2022年 事例1 WFITN 2022

International Participants in Attendance at ICC Kyoto

会議名称:
第16回世界脳神経血管内治療学会
16th Congress of World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology
主催  :
Word Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology
会期  :
2022年8月21日(日)~25日(木)
参加国数:
15ヶ国
参加者数:
総参加者 1,107名 現地参加 826名

2021年 事例1 ハイブリッド形式

会議名称 第14回国連犯罪防止刑事司法会議(京都コングレス)
The 14th UN Congress on Crime Prevention and Criminal Justice
主催 国連薬物・犯罪事務所
(UNODC: United Nations Office on Drugs and Crime)
ホスト国事務局 法務省大臣官房国際課 京都コングレス開催準備室
会議概要 犯罪防止・刑事司法分野における国連最大の国際会議
1955年以降5年ごとに開催、1970年の京都開催以来、
日本で2回目の開催
会期 2021年3月7日(日)~12日(金)
 ※2020年4月20日~27日より延期
参加国数・参加者数 152か国・約5,600名が参加登録

2021年 事例2 オンライン形式

正面玄関のアーチ型看板

オンライン参加者のモニターと座長席

各会場の発表を視聴できる部屋
(同時通訳付き)

会議名称 23rd Asia-Pacific League of Associations for Rheumatology Congress
主催 Asia Pacific League of Associations for Rheumatology
PCO MCI Australia
会議概要 アジア太平洋地域におけるリウマチ学に関する国際会議
1963年にシドニーで設立され、2008年の横浜開催以来、
日本で3回目の開催
会期 2021年8月29日(日)~31日(火)
 ※2020年8月より延期
オンライン参加者数 1日平均1100名以上