開催事例

開催事例をカテゴリーと開催年で検索してご覧いただけます。

  • カテゴリー

  • 年別

APNIC 56NEW
日程  :
2023年9月7日~14日
主催者 :
Asia Pacific Network Information Centre
開催形式:
ハイブリッド会議
参加者数:
現地参加 518名(参加国47ヶ国) オンライン参加 111名
利用会場:
Annex Hall, 宴会場 さくら, 宴会場 スワン, Room 509, Room 510, Room 554, Room 555
ポイント:
アジア太平洋地域におけるIPアドレスなどインターネット関連の技術動向に関して議論が行われる国際会議。日本においては、 8年ぶりの開催。
Global Summit 2023NEW
日程  :
2023年6月6日~8日
主催者 :
Consumer Goods Forum
開催形式:
リアル開催
参加者数:
現地参加 950名(参加国33ヶ国)
利用会場:
全館
ポイント:
Consumer Goods Forum(CGF)とは、消費財のメーカーと小売業が結集する唯一の国際的な消費財業界団体で、世界70カ国から400社以上が加盟しています。 Global Summit は、CGFの会員企業のCEOと経営幹部が参加する最も重要なイベント。
第22回固体センサ・アクチュエータ・マイクロシステム国際会議
日程  :
2023年6月25日~29日
主催者 :
一般社団法人 電気学会
開催形式:
リアル開催
参加者数:
現地参加 1,000名(参加国30ヶ国)
利用会場:
Room A, Room B-1, Room C-1, Room C-2, Room D, Room E, 宴会場 スワン, New Hall, Event Hall
ポイント:
参加者数が1,000名以上を誇る、マイクロシステム分野で最大の国際会議。 2年に1回開催され、日本では24年ぶりの開催。
乾杯の夕べ 2023
日程  :
2023年7月29日~30日
主催者 :
国立京都国際会館
開催形式:
リアル開催
参加者数:
3,385名
利用会場:
日本庭園, メインラウンジ. Room C-1, Room C-2, Room D, Room 157, Room H, Annex Hall, 宴会場 さくら, 宴会場 スワン
ポイント:
4年ぶりに自主企画事業イベントを開催いたしました。初企画の子供縁日やジャズの生演奏、抽選会、最後に打ち上げ花火を行い、大いに盛り上がりました。ご参加いただき有難うございました。
第11回アジア児童青年精神医学会
日程  :
2023年5月25日~28日
主催者 :
一般社団法人日本児童青年精神医学会
開催形式:
リアル開催
参加者数:
現地参加 559名(16ヶ国)
利用会場:
Room A, Room B-1, RoomB-2, Room C-1, Room C-2, Room K, 宴会場さくら
ポイント:
新型コロナウイルスの影響で延期され4年ぶりに、日本開催は2回目となる第11回アジア児童青年精神医学会が開催されました。
第30回原子力工学国際会議(ICONE30)
第16回動力エネルギー国際会議(ICOPE-2023)
日程  :
2023年5月21日~25日
主催者 :
ICONE30 : 一般社団法人 日本機械学会、米国機械学会、中国原子力学会
ICOPE-2023 : 一般社団法人 日本機械学会 / 共催者  米国機械学会、中国動力工程学会
開催形式:
リアル開催
参加者数:
現地参加 1,100名(参加国26ヶ国)
利用会場:
Main Hall, Room A, Room B-1, Room B-2, Room C-1, Room C-2, Room D, Room E, Room F, Room G, Room H, Room I, Room J, Room K, Room 157, Room 501, Room 509, Room 510, Room 554, Room 555, 宴会場 スワン, New Hall
ポイント:
企業、政府、学界、技術協会などから多数の専門家の貢献により 開催される最高峰の世界会議が行われました。
第69回春の宝松庵茶会
日程  :
2023年4月30日
主催者 :
公益財団法人 国立京都国際会館
開催形式:
リアル開催
参加者数:
現地参加 300名
利用会場:
宝松庵, Room 157
ポイント:
3年ぶりに開催することになり、感染対策を取りつつ多くの方にご参加いただきました。お茶とお菓子を楽しみながら和やかなひとときを過ごしていただき、盛況のうちに終えることができました。
Protostars and Planets VII
日程  :
2023年4月10日~15日
主催者 :
Protostars and Planets VII
開催形式:
リアル開催、オンデマンド配信
参加者数:
現地開催 788名(参加国 28ヶ国)
利用会場:
Event Hall, New Hall, 宴会場 スワン
ポイント:
数年に一度に行われる星惑星形成研究の大きな国際会議。京都は、アジア地域で初の開催となります。
TEDxKyoto 2023 -Together-
日程  :
2023年3月12日
主催者 :
TEDxKyoto
開催形式:
リアル開催
参加者数:
現地参加 620名(参加国5ヶ国)
利用会場:
Room A, 宴会場さくら
ポイント:
4年ぶりの開催で「Together」をテーマにプレゼンが行われました。
日本生理学会100周年記念大会
日程  :
2023年3月14日~16日
主催者 :
一般社団法人 日本生理学会
開催形式:
ハイブリッド会議
参加者数:
現地参加 2,200名(参加国20ヶ国) オンライン参加 300名
利用会場:
Main Hall, Room B-1, Room B-2, Room C-1, Room C-2, Room 510, Room 509, Room 501, Room 554, Room 555, Event Hall
ポイント:
記念すべき100周年大会には、高校生のポスターセッションの参加やノーベル賞受賞者の山中伸弥氏と Svante Pääbo氏と対談などが行われました。
第50回日本集中治療医学会学術集会
日程  :
2023年3月2日~4日
主催者 :
広島大学大学院医系科学研究科救急集中治療医学
開催形式:
リアル開催
参加者数:
現地参加 6,500名(参加国4ヶ国)
利用会場:
全館
ポイント:
ECMOカーの展示や小林達也氏のイラスト小個展など様々な企画が行われた現地開催。
4年ぶりとなり事前登録を上回る多くの参加者が来場されました。
第20回国際農業工学会 世界大会2022
日程  :
2022年12月5日~8日
主催者 :
日本農業工学会
開催形式:
ハイブリッド会議
参加者数:
現地参加484名(参加国52ヶ国) オンライン参加131名
利用会場:
Room A, Room B-2, Room C-2, Room D, Room E, Room F, Room G, Room H, Sakura, Annex Hall
ポイント:
ポスターセッションは、多くの参加者が行き交う会場前で行われ 活発な論議が行われていました。
第2回法遵守の文化のためのグローバルユースフォーラム
日程  :
2022年12月3日~4日
主催者 :
法務省大臣官房国際課 
開催形式:
ハイブリッド会議
参加者数:
現地参加 43名 オンライン参加 28名 (参加国 27ヶ国)
利用会場:
Room A, Room B-1, Room D
ポイント:
71名のユース(18歳から35歳まで)が参加(海外からはオンラインで参加)され、「多様性と包摂性のある社会に向けた若者の役割」という全体テーマの下、2つの分科会に分かれてグループディスカッションが盛んに行われました。
Art Collaboration Kyoto
日程  :
2022年11月18日~20日
主催者 :
Art Collaboration Kyoto 実行委員会
開催形式:
リアル開催
参加者数:
現地参加 15,000人(市内サテライト会場を含む)
利用会場:
Event Hall, New Hall
ポイント:
Event Hallでは国内外からギャラリーが集いブースを共有して出展。New Hallでは世界のアートシーンで活躍する登壇者のトークイベントが開催された。
第13回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式
日程  :
2022年11月14日
主催者 :
「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会
開催形式:
リアル開催、オンデマンド配信
参加者数:
現地参加 400名
利用会場:
Annex Hall
ポイント:
今年は当館のアネックスホールにて開催。殿堂入り者の ヨハン・ロックストローム氏は、海外からオンライン中継での 登壇となった。
FAOPMA PEST SUMMIT 2022
日程  :
2022年11月6日~8日
主催者 :
公益社団法人 日本ペストコントロール協会
開催形式:
ハイブリッド会議
参加者数:
現地参加 858名(参加国 28ヶ国) オンライン参加 292名
利用会場:
Room A, Room B-1, Annex Hall
ポイント:
展示は、RoomA前ロビーとAnnex Hallの2か所に分かれていたが アーチ型など立体的な看板により、装飾としての役割も兼ねていた。
知能ロボットとシステムに関する国際会議
日程  :
2022年10月23日~27日
主催者 :
IROS2022実行委員会
開催形式:
ハイブリッド会議
参加者数:
現地参加 3,430名(参加国 57ヶ国) オンライン参加 891名
利用会場:
全館
ポイント:
海外からも若い研究者が多く参加され、講演会場をはじめ ロビーなどいたる所で交流が盛んに行われていました。
ROSCon 2022
日程  :
2022年10月19日~21日
主催者 :
Open Source Robotics
開催形式:
リアル開催
参加者数:
現地参加 801名
利用会場:
New Hall, Event Hall, Annex Hall
ポイント:
海外のPCOが運営した工学系の学会。本学会はコロナ禍以降、初めてのリアル開催となった。
第16回世界脳神経血管内治療学会
日程  :
2022年8月21日~25日
主催者 :
Word Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology
開催形式:
リアル開催、一部オンデマンド配信
参加者数:
総参加者数 1,107名(オンライン参加を含む)、現地参加 826名
利用会場:
New Hall, Event Hall, Room D, Room B-1, Room B-2, Room C-1, Room C-2, Room E
ポイント:
New Hallをプレナリー会場とし、3面スクリーンに投影。展示会場のEvent Hallでは e-Posterも行われた。
第103回日本消化器内視鏡学会総会/ENDO2022 -The 3rd World Congress of GI Endoscopy-
日程  :
2022年5月12日~15日
主催者 :
一般社団法人日本消化器内視鏡学会
開催形式:
ハイブリッド会議、一部オンデマンド配信
参加者数:
現地参加 2,230名、オンライン参加 8,576名
利用会場:
全館
ポイント:
一部の会場では、病院と当館を繋ぐことで、会場スクリーンにリアルタイム映像を投影した。