EN

国立京都国際会館について > 開催報告 > 古典の日フォーラム2014

古典の日フォーラム2014

開催日:2014/11/1

「古典の日フォーラム2014」が11月1日に開催されました。記念講演では、茶道裏千家の千玄室・前家元が「古典継承の大切さ」を訴えられました。古典の大切さを振り返り、鎌倉時代前期の歌人、鴨長明の随筆「方丈記」や茶室の原点となっている「方丈庵」などの素晴らしさを語られました。

銅版画家の山本容子さんによる文学や音楽作品から創作する作品についての講演や青柳正規・文化庁長官の「古典と現代文化」についての講演のあと、来年迎える「琳派400年」を記念して大原美術館(岡山県)の高階館長と静岡県立美術館の芳賀館長の対談では新しい琳派出現の可能性を示唆されるなど、約1700名の参加者が聞き入り日本独自の文化に思いを深めておられました。

月別アーカイブ