EN

主催者の方へ > 会場・フロア案内 > 茶室「宝松庵」

茶室「宝松庵」

宝ヶ池畔に佇む茶室「宝松庵」は、宝ヶ池の「宝」と寄贈者である初代理事長である松下幸之助氏の「松」の二文字を頂き、名づけられました。宝ヶ池の湖面のきらめきを眺めながら日本庭園を進み、茶室へつづく小路へと足を踏み入れると、檜皮葦屋根の見事な稜線が姿をあらわします。本格的なお茶会をはじめ、要人のおもてなしや日本の伝統文化紹介の場として、会議のあい間の安らぎのひとときをお過ごしください。

パノラマフォト

概要

1階(庭園内)
面積 120m²

レイアウト

レイアウト 座席数 レイアウト PDF
広間 十畳(15名様まで)
立札席 25m²(13名様まで)
野点席 280m²
(PDF)

備考 : 隣接した広間と立札席は、収納可能な二枚襖によって間仕切られ、それぞれ独立した茶室としても、一つの広い席としても使用することが出来ます。 茶会の運営手配等も承ります。詳しくはお茶室担当までお問合せください。

使用料金

開催事例

事例1

茶道体験①

事例2

茶道体験②

事例3

お点前