EN

国立京都国際会館について > 開催報告 > 第51回糖尿病学の進歩

第51回糖尿病学の進歩

開催日:2017/02/17~2017/02/18

2月17日(金)から18日(土)にかけて、第51回糖尿病学の進歩が開催され、2日間で約4,000名が参加されました。

本会は「専門医更新のための指定講演」、「糖尿病診療に必要な知識」、「糖尿病療養指導に必要な知識」、そして「臨床医が知っておくべき糖尿病の基礎」の4つの分野で成り立っており、今回は特に高齢者の糖尿病治療に焦点を当てた大会となりました。

メインホールでの開会式で始まり、続いて「糖尿病の概念と疫学−大規模医療データから学ぶこと」、「1型糖尿病」などをテーマとした、専門医更新のための指定講演が行われました。2日間を通してシンポジウムやランチョンセミナーも企画され、活発な意見交換がなされました。

また、「世話人特別企画」では糖尿病患者をさまざまな面から支えるための連携等についての講演が、そして「特別企画」では、「医療者のこころと関わりの在り様―糖尿病患者の心身ケア」と題して食事・運動・薬物によるこころのサポート等についての講演が行われました。

さまざまな角度から糖尿病治療について議論した本会は、地域包括ケアが推進される中で、糖尿病治療はどうあるべきかについて考える機会となりました。

月別アーカイブ