建築について

国際会館のモダニズム建築T
Birth of an Architectural Work

イメージ

国立京都国際会館は台形・逆台形の空間の組み合わせで形づくられ、合掌造りか神社の社殿を彷彿とさせるような日本の伝統様式をモチーフとしたその建物は、訪れる方に強いインパクトを与えます。
日本の会議場の中でも、また海外のそれと比較しても、非常に斬新かつ気品のあるこの建物は、60年代の近代建築美を誇り、なおかつ古都京都や周辺の自然との調和を備えた文化遺産として、DOCOMOMO Japanの「関西のモダニズム建築20選」や建設省(旧国土交通省)の「公共建築百選」に選ばれています。また、「建築業協会賞」なども受賞しております。
設計者の大谷幸夫は東京で生まれ、東京大学及び大学院で建築を学び、丹下健三に随従していました。1963年、正統的公開懸賞競技設計(コンペティション)が、この国で初めて「国立京都国際会館」を通じて成立しました。
設計競技募集要項には、「近時、わが国において国際会議が開催されることが多くなってきているにも関わらず、適当な施設がほとんどないのが現状である。わが国は積極的に国際会議を招待し、政治、経済、学術等の分野において飛躍的発展をはかり、国際文化の交流に寄与していきたい。この会館は国際文化観光都市京都の新しいシンボルとして、世界に誇るにたる優れた造形作品であることが要求される。」というような内容のコメントが建設大臣より寄せられていました。
伊藤滋委員長をはじめ、前川國男、松田軍平、佐藤武夫、丹下健三、東畑健三など著名な建築家が審査員を務めました。応募作品は195点に及び、審査報告と共に公開されましたが、大谷幸夫と世代を同じくする気鋭の作品が揃っていました。