国立京都国際会館の魅力

世界最高水準の会議専用コンプレックス

15万6,000uの広大な敷地に、本館、イベントホール、アネックスホール、日本庭園のほか、隣接するホテルと融合した会議専用のコンプレックスエリアを形成しています。
ICC Kyotoには、同時通訳設備を備えた9会場をはじめ、70余の会議室があり、本館とアネックスホール、イベントホールは屋内通路で結ばれており、あらゆる催事に対応可能です。さらに、600本以上の光ファイバーによるデジタルネットワークシステムが館内及びホテルとの間で構築されているため、LIVE中継やデータ配信が容易にでき、7000名を超える大型会議も円滑にご開催いただけます。

世界最高水準の会議専用コンプレックス