EN

国立京都国際会館について > 公益財団法人国立京都国際会館について > 理事長・館長からのメッセージ

理事長・館長からのメッセージ

平成28年(2016年)5月21日をもちまして、国立京都国際会館は、開館50周年を迎えました。これもひとえに皆様方のご支援、ご協力の賜物と心より感謝申し上げます。

国立京都国際会館は、日本が国際社会の一員として大きく前進を始めた昭和41年に、国際協調や相互理解の促進等を目的に、我が国で最初の国立の国際会議場として開館しました。

開館以降、国際会館においては数多の重要で意義のある会議が開催されてまいりました。会議では平和や科学技術、地球環境、医学といった人類共通のテーマに関して白熱した議論が交わされ、その結実した成果はここ京都国際会館から世界に向けたメッセージとして発信されてきました。国際会館は、内外の信頼に答え、こういった会議において常に高い成果がもたらされるよう培ってきた経験とノウハウを駆使し、誠意と情熱をもって会議運営にあたってまいりました。

国際会館は、優美な宝ヶ池公園や比叡の山並みと桜・紅葉など四季折々の顔を見せる自然景観に富んだ日本庭園に囲まれて立地していますがこの優れた会議環境の維持に一層努めています。

会議施設につきましては、会議場の大型化・多様化に対応するため、永年にわたり要望してきました「多目的展示施設」についても、国を始めとした関係者の皆様方のご尽力により施設拡充整備に着工する運びとなりました。

皆様方をお迎えするにあたっては、心から満足していただけるよう地元公共団体など関係機関とも緊密に連携し古都・京都に息づく「おもてなしの心」をもって臨んでいます。

国立京都国際会館は、開館50年周年を迎え、歴史と伝統に奢ることなく、この先の10年、20年、さらに半世紀先をしっかり見据え、時代の変化やニーズにも柔軟かつ弾力的に対応していくことにより、歴史・文化及び知的交流都市京都に存立する国立の国際会議場として皆様方に愛され、信頼される質の高い国際会議場を目指し引き続き精進を重ねていく所存であります。

今後とも変わらぬご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

平成28年5月

理事長 稲盛 和夫
館長 木下 博夫

公益財団法人国立京都国際会館

理事長 稲盛 和夫
館 長 木下 博夫

公益財団法人国立京都国際会館について