EN

国立京都国際会館について > ICC Kyotoの建築 > ニューホール情報 > ニューホールの特徴・ご案内

ニューホールの特徴・ご案内

特徴

独立性の高い新ゾーン誕生

ニューホール(2,000㎡)は、隣接する既存のイベントホール(3,000㎡)との同時利用で、面積5,000㎡の空間として、4,000名規模の大型催事がひとつのゾーンで開催可能となります。
また、独立性が高い専用ゾーンとして、式典・表彰式はもちろん、パーティー、イベント、展示・商談会など、思いどおりの演出が可能です。

▶ニューホールの詳細は、こちら。

様々なシーンに利用可能な大空間

ニューホールは、面積2,000㎡、最大2,500名収容の多目的ホールです。

パーティー
会議
展示・ポスター
シンプルなデザインを採用

※パース図は全てイメージ

開催地を印象づける京都ならではの空間

京都らしさという新しいコンセプトのもと、京都の伝統産業の技を特別室やパブリックスペースにとり入れました。

賓客の接遇も想定した「特別室」
アプローチ
ホワイエ(ロビー)
ホワイエ奥のラウンジ空間

※パース図は全てイメージ

「えらべる」ケータリングサービス

ニューホール及び、隣接するイベントホ ールを対象に新しいケータリングサービスを開始します。京都市内のホテルとの提携を拡充し、国際会議や国内外の企業が開催する大規模なインセンティブ案件にも対応いたします。「えらべる」ケータリングサービスの詳細は、こちら